今後も増える看護師求人と仕事内容について

現在においても離職率は高い傾向のナースですが、それにプラスして、ナース自体の必要数が足りていないことも求人数の多さの理由として挙げられます。その原因は、シルバー世代の増加でしょう。いわゆる「団塊の世代」と呼ばれるが世代が退職するようになりました。1947(昭和22)年〜1949(昭和24)年の3年間に生まれたこの世代が、高齢者層になってきています。

 

ですから必然的に医療施設や病院を必要とする患者さんが増えるとともに、勤務する医者や看護師等の不足が生じます。ただ看護師の数が増えれば、すぐに実際に働く看護師の仕事量が減るわけではありません。看護師の数が今以上に大幅に増えない限り、看護師の負担は現状維持のままでしょう。

 

高齢化社会により看護師需要が増加

なぜなら現代のニッポンの高齢化社会を考えると、看護師の求人自体が年を追うごとに増えて行くことが予想されるからです。ナースは昔から求人数の多い職業として知られていました。仕事内容や環境が合わずに離職する看護師が多いために、必然的に求人数が多かったことが挙げられます。
この問題を解決する近道は、看護師の離職を減らすことでしょう。以前より看護師の離職率は下がったとはいえまだまだ高い傾向にあります。病院レベルではなく国レベルで、離職率を下げる対策を講じる必要があります。

 

病院以外の働き先も増えてきている看護師の働き先状況

このように看護師の不足は今後も問題になることが予想されます。看護師求人はどんどん増えていくでしょう。また看護師の仕事内容の広がりも求人数の多さの引き金になっています。医療機関での働き方以外でも、さまざまな働き方が増えています。

 

たとえば老人ホーム、児童施設での健康管理、アロマセラピスト、シニア向けマンションでのケアなど、看護師の資格を上手に活かした仕事のニーズは今後も広がっていくでしょう。企業側でも看護師資格保有者を積極的に求めるようになってきています。

 

看護師転職サイトで求人情報を手に入れる

このような看護師求人を定期的に、より詳しく入手したいのであれば、転職求人エージェントを使うと便利です。さらに看護師などの医療機関専門の求人サイトは、求人数も多いですし、無料で登録できますので多くの医療関係者が利用しています。さらに今後拡大するであろう看護師の新しい分野の求人も、いちはやく紹介してくれる確率が高いです。そのような職場に興味があるのであれば、申し込んでみるとよいでしょう。

なぜ看護師の給料は上がりにくいのでしょうか?

看護師になったばかりの若手時代には目の前の仕事をこなすことで精一杯かもしれませんが、その後経験を積んで中堅やベテランの看護師になると、自分の待遇が気になり始めるかもしれません。看護師の中には「労働に見合うだけの収入が得られない!」「頑張っても頑張っても給料が上がらない!」などと不満を感じながら毎日の業務を続けている人や、別の職場への転職を希望している人などが多いようです。今回は看護師の給料が上がりにくい理由や、給与アップを実現するための方法などについて、詳しく確認してみましょう。

 

看護師の基本給は高いのでしょうか?

 

一般的に看護師については「別の職業よりも収入は多い」というイメージを持っている人が多いのですが、実際には看護師の基本給は高くはなく、平均的なものだといえるでしょう。むしろ厳しい職場であることを考えれば、基本給は少ないといえるかもしれません。ただし看護師の場合には基本給以外に夜勤などによる各種の手当てが支給されるため、これらを含めた手取り金額は同世代の平均よりも若干多めになります。

 

病院や施設などによっては若手看護師の離職を防ぐために基本給を高めに設定することがあるのですが、役職なしの中堅看護師やベテラン看護師の場合にはやはり基本給は少なめになります。勤続年数が長いからといって時間外手当や夜勤手当などが増えるわけではありませんし、また役職についてはポストの数が限られますので、すべての人が役職に就くことは難しいといえるでしょう。

 

病院によっては勤続年数などに応じて基本給がアップする昇給システムを採用している場合などもありますが、一方で勤続年数にかかわらず基本給は変わらないという病院などもあります。働き始めたばかりの看護師の場合には仕事が忙しくて考えるひまがないかもしれませんが、一方で経験豊富な看護師ほど「給料が少ない!」「給料がちっとも上がらない!」などの不満を感じているようです。

 

なぜ看護師の給料は上がりにくいのでしょうか?

 

看護師の給料が上がりにくいとされている、主な理由をご紹介します。今回ご紹介する4つの定番の理由については、思い当たる看護師の人が多いのではないでしょうか。

 

看護師は特殊な環境で働いています!

 

看護師の多くは病院などの医療機関で働いているのですが、医療機関の職場環境は特殊であり、一般的な企業とは性質が大きく異なるのです。例えば一般企業では売り上げが増えて企業の業績が向上すれば、その後の給与アップなどを期待することができるでしょう。一方の医療機関では患者さんが増えたからといって、給与アップを期待することは難しくなります。一方で患者さんが少なく医療機関の経営状態が悪化してしまうと、夜勤の機会が減少して手当てが少なくなったり、あるいは基本給の昇給が見送られてしまうかもしれません。

 

看護師の数が多いことに対して役職の数は限られます!

 

看護師の場合には看護部長・師長・主任などの役職に就くことにより、基本給のアップや役職手当の付与などを期待することができます。しかし看護師の場合には看護師の数に対して役職の数が少ないため、中堅やベテランになっても役職に就くことができない看護師が多いのです。経験を積み重ねても役職に就くことができないと、看護師の給料の大幅アップは難しいくなります。

 

女性であることにより職場を離れることが多くなります!

 

圧倒的に女性の割合が多いことが、看護師の大きな特徴だといえるでしょう。女性の場合には結婚や妊娠や出産などのために職場を離れたり休職したりすることが多くなりますので、どうしても職歴にブランクができてしまうことになります。ブランクが長くなると勤続年数を重ねても昇進が難しくなり、昇給についても難しいといえるでしょう。

 

給料よりもやりがいを重視する人が多いようです!

 

看護師の場合には「子供のころから看護師にあこがれていた!」「やりがいが感じられる職業に就きたかった!」などのように、給料よりもやりがいを重視して看護師の職業を選ぶ人が多くなっています。給料が少なくても「夢が実現したから」「やりがいが感じられるから」と満足している人がいる一方で、実際に看護婦として働き始めてから給料が少ないことに悩む人などもいるようです。

 

看護師が給料アップを実現するためにはどうすればよいのでしょうか?

 

それでは看護師が給料アップを実現するためには、具体的にはどうすればよいのでしょうか。次は厳しい状況の中で看護師が給料アップを実現するための方法について、それぞれ確認してみましょう。

 

資格を取得しましょう!

 

資格を取得してスキルアップすれば基本給アップが期待できますし、さらに資格手当などが付与されるかもしれません。例えば認定看護師や専門看護師などの資格を取得すれば、将来の昇進なども期待できるかもしれませんね。ただし実務と無関係の資格については職場では評価されませんので、看護師としての業務に役立つ資格の取得を検討してみてください。特に准看護師の資格で働いている人は、正看護師の資格を取得することで大幅に基本給がアップします。実際の業務内容は正看護師も准看護師も大きな違いはありませんので、ぜひとも正看護師の資格取得にチャレンジしてみてください。

 

給料アップの転職を検討しましょう!

 

今の職場で将来の給料アップが期待できないのであれば、転職をして職場を変えることを検討してみてください。看護師としての経験が豊富であれば、新卒で就職先を探すよりも希望に近い職場が見つかりやすくなるかもしれません。転職を希望する場合には、転職アドバイザーや転職コンサルタントや転職エージェントなどを上手に活用しましょう。

 

看護師の給料を今すぐにアップさせることは難しいかもしれませんが、スキルアップや転職などをきっかけに人生のの新しいステージが始めてみてはいかがでしょうか。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ