ナースバンクにも弱点がある

各都道府県の看護協会が実施している看護師の就業支援システムが、ナースバンクです。各都道府県のナースセンターに登録した看護師を対象に、無料で看護職の紹介をしてくれます。

 

その都道府県の看護協会員でなくても利用できます。そしてこの全国のナースバンクに集まった求人を一括で観覧できるシステムに、公益社団法人日本看護協会「中央ナースセンター」が運営する看護師のための無料職業紹介サイトのe-ナースセンターがあります。

 

民間の看護師専門転職サイトや、転職支援エージェントがたくさん存在する中で、公共機関の人材斡旋サービスがこのe-ナースセンターと言えるでしょう。

 

このe-ナースセンターは、民間の求人サイトなどにも掲載されている求人の他に、それらには掲載されず、また転職エージェントにも求人募集を出さない公立病院の求人があることが最大の特徴になります。

 

公立病院は、その予算や法律の決まりから、求人があっても民間の求人サイトなどを利用した広い人材募集を出せないことがほとんどです。つまりもしそのような公立病院などへの転職を希望していても、民間の転職サイトや転職エージェントだけを頼っていては、一生希望先への転職はできないことになります。

 

特にUターンやIターンで地方での勤務を希望している看護師の人にとっては、このe-ナースセンターと各都道府県のナースバンクの求人をチェックすることは必須のことと言えるでしょう。

 

またそれ以外の人たちにとっても、このe-ナースセンターやナースバンクを利用する価値はあります。しかし基本的に間違えてはいけないことは、あくまでも公共の職業紹介所という位置づけであり、民間の転職サイトや転職エージェントのような、営利目的のサービスとは違うということです。

 

より具体的にあげて見ると、民間の転職エージェントのような、応募書類の作成のアドバイス、面接日程の調整、面接のフォロー、内定後の条件交渉などを、本人に変わって行ってくれるサービスはないということです。つまりもし必要であれば、これらのことはすべて自分で行う必要があります。

 

そして各都道府県のナースセンターでは、相談室を設けています。そこでは求人票の閲覧の他に、就業相談に乗ってもらうこともできます。この就業相談を担当する人は、ほとんどが看護師の経験をもったベテランの人たちです。

 

看護師の仕事に対する悩みなどはとても理解してもらえる反面、同じ業界の大先輩でもあることから、アドバイスが少々押し付けがましくなったりすることもあるようです。実際に相談室を利用した人たちからも、この辺りが不満として指摘されることは少なくないようです。

 

そしてその就業相談を実施ている時間も、平日の昼間のみとなります。場合によっては24時間の対応をしている民間業者に比較すると、普通に働いている看護師の人には、利用しづらいというのは事実です。

 

また取扱い求人の総数も、民間の求人サイトの方が多いのが現実です。これはそれぞれの医療機関の考え方によりますが、多少のコストをかけてでも、優秀な人材を積極的に採用したいという考え方によるものでしょう。

 

そして民間の転職支援エージェントと最も違うのは、基本的に自分で動かなくてはならないことです。転職支援エージェントでは、面談などで自分の希望を伝えておけば、その希望に適した求人などを案内してくれて、その後のフォローもしてくれます。

 

しかしナースバンクやe-ナースセンターでは、そのようなことは一切ありません。自分の条件に合った求人を自分で探して、そして自分で応募しなくてはなりません。自分で主体的な転職活動ができることはメリットですが、それだけ時間や手間がかかるのはデメリットとも言えるでしょう。

 

そのことに関連することとして、民間の転職エージェントに比較して情報が少ないことも挙げられます。民間の転職エージェントの担当者は、実際に求人元の医療機関に訪問してヒヤリングをするなど、それぞれの医療機関や地域事情に精通しています。しかしナースバンクの求人は、基本的に求人票による情報のみとなり、それ以上の職場の雰囲気などの情報はわかりません。

 

また公共的な組織の宿命ともいえますが、物事に対する対応のスピードが速いとは言えないのも、ナースバンクです。民間の転職エージェントは、担当のカウンセラーが積極的に動いてくれることで、面接の日程調整などがスピーディーに決まることが多いですが、ナースバンクは、それらも全て自分がしなくてはならないために、どうしても時間が必要になります。

 

ここまで、ナースバンクのデメリットを多く紹介してきましたが、民間の業者には出ていない公立病院などの求人が、ナースバンクにあることも事実です。状況によって上手に使い分けることが大切と言えるでしょう。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ

ナースバンクのデメリット/看護師転職ハローワークと転職サイトの利用法関連ページ

ハローワーク
ハローワークの医療系求人
インターネットサービス
失業手当について
ナースバンク
看護協会とは