看護師を円満にスムーズに辞めるためにはどうすればよいのでしょうか?

看護師として働いている人の中には「もう看護師を辞めてしまいたい!」と思いながら、嫌々仕事を続けている人が多いかもしれません。特に看護師の場合には他の職業よりも辞めづらくなりますので、今回はそんな看護師が仕事をスムーズに辞めるための方法について、さらに詳しく確認してみましょう。

 

なぜ看護師は辞めづらいのでしょうか?

 

看護師全体が人手不足となっています。看護師は仕事そのものが忙しく激務である上、さらに看護業界全般が慢性的な人手不足となっています。病院や施設の中には人員がギリギリの状態で運営されているものが多く、さらに看護師は女性が多い職業であるため、結婚や妊娠や出産などをきっかけとして、休職する人や離職する人が多くなっています。看護師は国家資格を必要とする職業であるため別の人員の補充は難しく、誰か1人が辞めてしまうと穴埋めが困難になってしまうのです。

 

辞めることができない風潮があります!

 

看護師の職場はどちらかといえば昔ながらの体育会系の雰囲気が強く、辞めたいなどというと周囲から「チームワークを乱すつもりか!」「甘ったれるな!」「辞めたい時期をみんな乗り越えて続けているんだ!」などと言われて、辞めたくても辞めることができない風潮があるようです。

 

さらに看護業界では看護師不足解消のために、辞めさせない努力に積極的に取り組んでいます。これは看護師の労働環境を向上させるためのポジティブな対策であり、仕事に関する相談ができる場所を設ける、スタッフの教育を改善する、新人看護師の離職率を低下させるなどの、様々な取り組みが行われています。これらは本来はポジティブな目的のためのものなのですが、一方で辞めたいと考えている看護師が辞められなくなる原因にもなっているようです。職場の環境や業務内容が合わないと感じている看護師にとっては、迷惑で厄介な風潮だといえるでしょう。

 

看護師を円満でスムーズに辞めるためには?

 

看護師を辞める際には、できれば同僚などに迷惑をかけることなく気持ちよく退職したいものですよね。それでは周囲から引き留められることなく円満でスムースに看護師を辞めるためには、具体的にはどうすればよいのでしょうか。

 

退職を希望する理由を明確にしましょう!

 

まずはなぜ看護師を辞めたいのか、退職を希望する理由を明確にしましょう。退職の理由については、誰に聞かれても堂々と答えられるものが必要になります。あやふやな退職理由であったり、なんとなく「看護師に向いていないと思う」「人間関係が嫌になった」などといったネガティブな理由であったりすると、退職を引き留められてしまうかもしれません。退職の理由について嘘をつく必要はありませんので、はっきりとした態度で堂々と理由を伝えるようにしましょう。うつむきながら「看護師に向いていないのでは…」などと言うよりも、前向きに「別の業界に転職がしたいです!」などと伝えることがおすすめです。

 

また多くの人たちが納得してくれて、転職を後押ししてくれるような退職理由があれば、さらに看護師を辞めやすくなるでしょう。例えば「本人が病気のため」「家族の介護が必要になったため」「事情により引っ越すことになったため」などといった事情であれば、周囲の人たちも引き留めることはできませんし、さらに「資格が取りたい」「より専門性が高い病院や施設で働きたい」などのように看護師としてステップアップを目指すための理由であれば、さらに良いかもしれません。

 

退職のための段取りを確認しましょう!

 

退職を決断したのであれば、次は勤務先の就業規則などをチェックして退職のための段取りを確認してください。すでに退職した先輩などがいるのであれば、参考にするために内々に話を聞いておくようにしましょう。また退職に関してトラブルが発生しないように、時間をかけて確実な引継ぎを行うようにしてください。

 

職場の責任者に退職の意思を伝えることは、特に重要な手続になります。手続きをスムーズに行うために、事前に退職の理由を明確にしておくようにしましょう。また告知のタイミングを間違えてしまうと希望する時期に退職することができなかったり、円満退職が難しくなったりするかもしれません。「遅すぎる!」などと怒られないように、告知のタイミングについてはくれぐれも慎重に検討するようにしましょう。

 

退職の告知については、できるだけ職場に迷惑がかからないタイミングを選ぶことが必要です。自分以外の退職希望者の有無や職場の勤務シフトが作成される時期などを確認しながら、就業規則で決められた期限までに退職の意思を伝えてください。さらに職場の責任者に告知するまでの間は、他の人には退職の意思を漏らさないように注意をしましょう。家族や友人など信頼できる人以外には、退職の意思を口外しないことを心がけてください。

 

どうしても辞めさせてもらえない場合には?

 

看護師を退職したいのにどうしても辞めさせてもらえないという場合には、最終手段として地域を管轄する労働基準監督署に相談することを検討しましょう。厚生労働省大阪労働局のサイト()には、以下のように記載されています。

 


『民法では期間の定めのない雇用契約については、解約の申し入れ後、2週間(ただし、月給制の場合は、当該賃金計算期間の前半に申し入れて下さい。)で終了することとなっており、会社の同意がなければ退職できないというものではありません。(民法第627条)』

 

厚生労働省大阪労働局のサイト

 

労働者には自ら退職する権利が認められていますので、原則として希望すれば退職が認められることになります。ただし事を荒立てると後々自分自身が苦労することになりますので、できれば職場内で解決して円満退社を目指すことをおすすめしたいと思います。

 

「私は看護師を辞める!」という強い意志を持つことが、看護師を辞めるためには必要になります。「あとちょっとだけ続けて!」「○月まで続けてもらえないかなぁ?」などといったお願いを受け入れてしまうと、その後はずるずると仕事が続いて辞められなくなってしまいますので、お願いはきっぱりと断るようにしてください。退職をしても職場とは円満な関係を保ちたいと考える人が多いのですが、やはり自分自身の固い意思を貫くことが看護師を辞めるための重要なポイントだといえるでしょう。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ