看護師が転職する際に気をつけておきたいポイント

離職や転職の傾向が多い職業の一つに、看護師が挙げられます。多岐に渡る業務範囲に加えて、長時間勤務になってしまうといった理由が主な転職理由となっていますが、他にも看護師の資格を活かして働ける場所が幅広くあるために新しい環境を求めて転職している看護師も増えています。

 

看護師の職場と言えば病院や医療機関というイメージが一般的ですが、最近では様々な場で看護師の資格が求められており、看護師が働ける場所は広範囲に渡っています。ですから病院や医療機関以外でも看護師の需要は多く、たとえば産休後に病院以外の職場を再就職先として選択する看護師も数多くいます。

 

もちろん、従来のように病院から病院へと転職する看護師も数多くいますが、病院の規模や診療科、体制などによって医療機関は大きく変わるものです。大学病院や総合病院のような入院患者ベッド数が400床以上ある医療施設もあれば、ベッドのない小さな診療所もあります。

 

診療科も総合病院のような医療機関では、内科や外科だけでなく眼科、皮膚科、精神科など専門性を持った診療科が多岐に渡ります。ひとえに医療機関といっても様々ですから、同じ医療機関に転職をするといっても全く別の業種や職種に転職する形になることも考えられるわけです。

 

それでは、このような看護師の転職理由や転職についての背景を理解した上で、看護師の転職に知っておくべき重要な事とは何でしょうか。

 

まず改めて「転職が本当に必要か」ということを、自分自身の中で問うことが大切になります。新しい職場環境に変わるということは、今までと条件や待遇はもちろん変わってきますし、新たな人間関係、そこでの働き方の体制などが全て変わることを頭に入れておく必要があります。

 

これらの変化を全て受け入れる気持ちでいない限り、安易に転職をしようと考えない方がよいと言えます。実際に転職してしまってから後悔しても既に遅いわけですから、まずは本当に転職が必要か?という点をしっかりと自分に問いかけてみましょう。

 

次に、看護師の転職で知っておくべき事は「何を優先したいか」という自分自身の働き方についてです。

 

給与や年収などの金銭的な要素、残業や休暇といった勤務体制などの時間的な要素、職場環境や働き方など、転職をして自分が一番優先したい条件とは何か、を明確にしておきましょう。また、これは一番優先したいが、この点は多少妥協できる、というポイントも考えておけば、求人の応募をする際に手当たり次第受けるといったことを避けられるでしょう。

 

優先順位を最初からつけておけば、数多くある求人情報の中でも焦点を絞って、どこに応募すべきかが明白になります。

 

最後に、無事に転職できたとしても、そこからが新しいスタートになるわけですから周囲の人たちとのコミュニケーションは欠かせません。自分が今まで培ってきた経験やスキル、どこまでの知識を持っているのかなど、周囲にわかるように伝えて、仕事をスムーズに進められるように行動しましょう。

 

また、一緒に仕事をする人たちの話をよく聞き、理解に努めていくことも大切になります。看護師の仕事は一人で作業するのではなく、常に他の看護師や医師、検査技師、その他の医療従事者と連携して行うものですから、コミュニケーションは非常に重要です。

 

このような点を理解し、よく知っておくことで転職を成功させることができるはずです。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ

看護師が転職する場合に知っておくべき事とは/看護師転職ハローワークと転職サイトの利用法関連ページ

選択のポイント
無料で利用できる理由
しつこい勧誘対策
メリット
デメリット
転職のシーズン
転職先の見学
転職理由
キャリアプラン
復職への不安