介護施設で働く看護師が増えている

最近では看護師を求めているフィールドは幅広くなり、病院や医療機関といった施設だけでなく、介護施設でも看護師を求める需要は多くなっています。

 

介護施設といっても、様々な形態で運営されている施設があり、看護業務もその施設の運営によって異なります。では、具体的に介護施設で働く看護師はどのような仕事をするのでしょうか。

 

さかのぼること、平成12年に介護保険が始まりました。

 

それを機に介護保険が適応する施設が出始め、一般的な介護施設というイメージは、保険が適用できる施設ではないでしょうか。

 

まず、特別老人ホームと呼ばれる施設が挙げられます。日常生活の場を、特別老人ホームに移して住居として利用する施設の事を指します。

 

次に、老人保健施設です。病院で入院していた患者さんがリハビリ目的に利用する施設であり、自宅に帰るまでの間過ごす施設の事を指しています。

 

老人保健施設は、基本的に自宅に帰ることを前提としていますから、数ヶ月間というような期間限定で退所するまで滞在するというような流れになります。最後に、療養型介護施設です。特別老人ホーム、老人保健施設よりも、医療のケアが必要な人が入所できる病院の機能を併設した施設の事を指します。

 

大きく分けて以上の3つの施設を挙げましたが、看護師が医療行為を行う頻度が高いと思われるのはやはり療養型介護施設になるでしょう。

 

療養型介護施設は、一般病院における老人のための病棟とイメージしても遜色ありません。24時間体制で医師が1名常に待機しているという体制で運営されています。老人保健施設では、緊急時のみ医師が必要となります。

 

しかし主にリハビリする施設になりますので、どちらかというと理学療法士や作業療法士、看護師の需要が高くなります。健康になるための日常生活の管理が主な仕事となります。特別老人ホームについては、看護師は日中のみとなります。

 

特別老人ホーム=自宅住居と定義されていることもあり、基本的に医療行為は必要ないため、快適な生活を送れるように支援するという介護形態になります。

 

その他に、看護師の求人が多い介護施設は、介護つき有料老人ホームという施設です。有料老人ホームという名称がついていますので、介護保険の適応外になる施設ですが、介護つきという部分に関しては保険の請求が可能になっています。

 

この施設でも、看護師は主に日勤で入所者の健康管理が仕事となります。夜間はコールをして看護師を呼ぶというような体制にしている施設が多いようです。このケースでは、夜間コールの呼び出し回数に対して金額が支払われることになります。

 

施設により求められる看護師の仕事や、勤務体系も異なるため、求人を探す場合は細かく情報を集めることが大切ですね。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ