看護師の転職〜病院や診療所で働く

看護師が転職する職場の代表的な施設として、病院や診療所があります。病院と診療所の違いは、規模の大小によって区別されると考えて間違いありません。患者さんが入院できる施設で、ベッドが20床以上ある場合は総称して病院と呼び、20床に満たない場合や入院施設を持たない場合は診療所として定義しています。

 

病院と呼ばれている20床以上のベッド数を持つ入院施設では、短期間の療養で利用されることもありますが、主な目的利用は中期から長期にかけての療養を必要とする患者さんや、慢性疾患を持つ患者さんのために使われます。

 

ですから、入院施設が用意されている病院などで働く場合は、患者さんが退院するまで、比較的長期間お世話をすることになるでしょう。病院で勤務する場合は、多くの患者さんと接しますから投薬や点滴といった処置、メンタル面でのケアが必要になります。

 

看護師は広い範囲でケアを行うこととなりますが、基本7:1ルールというものがあり、一人の看護師に対して最大7人の患者さんに対応する、それ以上の人数は受け持たないというルールがあります。とはいっても、日によって担当する病室が変わったり、担当する患者さんの治療や完治までの段階などによって状況が変わることもありますから、広く浅く臨機応変に広範囲で対応することが求められるのも事実です。

 

患者さん一人一人の名前を覚えるだけでなく、病名や病状、どんな治療を行っているのか、患者さんの特徴などもしっかり把握しなくてはなりません。

 

その一方、診療所は入院施設があったとしても19床以下となりますので、数が少ない分患者さんを狭く深く知っておく必要が出てくるでしょう。また、入院施設が用意されていない診療所であれば、外来の仕事が主になります。

 

外来担当の場合は、多数の患者さんのケアを担当することになるでしょう。診察する場所の規模が小さいから、仕事もその分楽になるということでもありません。

 

更に看護師という職業柄、仕事として患者さんとのかかわり方にこだわっている人もたくさんいます。20床以上ある病院で働いていたある看護師の方は、3ヶ月までしか入院できない病棟で働いていました。

 

期間が区切られているので完治して退院できる患者さんももちろんいますが、完治せずにそのまま長期療養のための入院施設がある病院へ移動していく患者さんもいました。

 

ですから、その看護師の方は患者さんが完治するまで見届けることができない事もあったのです。

 

元々、元気になるまで患者さんについていたいという希望があったその看護師の方は、退職をし長期病棟が併設されている病院に転職するという結論を出しました。このように看護師の転職には、病院や診療所の方針やトップが患者さんに対してどう接していくかを見極め、自分が看護していく上でその関わり方に適応していけるか、というポイントをしっかり判断する必要があります。

 

自分が働く上で納得のいく診療所や病院といった職場を探す為にも、面接で質問があれば積極的に聞いてみることは大切です。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ