看護師の求人〜管理職について

病院や医療機関で働いている看護師一人一人を統括してまとめる役割を持っているのが、看護師長とも呼ばれている管理職です。一般的に会社が組織化されて管理職がその下に属する社員をまとめているのと同様に、病院でも組織というのは存在するわけです。

 

では、看護師の中での管理職とはどのような立場の人を指すのでしょうか。以前では看護婦長とも呼ばれていた、看護師長がいわゆる看護師の管理職となります。現在では看護婦が看護師という名称に統一されたこともあり、看護婦長から看護師長と呼ばれるようなっています。

 

主に看護師長の仕事とは、それぞれの看護師が組んでいるチーム組織の管理をすることです。チーム組織をまとめることは、病院内の仕事を円滑に進めるために非常に重要な事です。看護師の仕事というのは常にチームワークが必要になる仕事であり、受け持っている患者一人一人の記録や治療方針について、チームに属している看護師の間で確実に情報共有することが求められているからです。

 

看護師が一人で判断や処置することはまずありません。

 

これは何もチーム内の看護師だけに限った事ではなく、患者さんに対して医師、看護師、検査技師、その他医療従事者全てが一丸となって診療、治療をしていくという病院全体の方針でもあるからです。ですから、患者を病院全体で受け持ち、診療、治療をしていく過程において、看護部門を統括していくのが看護師長の仕事になるというわけです。

 

その際、看護師長に求められる手腕は第一に人間関係の調整、コミュニケーション能力です。

 

看護師の仕事というのは常に重労働ですから、勤務期間が長くなればなるほど次第に人間関係の問題は発生してしまうものです。看護師だけに限った事ではありませんが、どこの職場でも人間関係の問題やもめごとというのは存在してしまうものです。

 

そのような問題が起きた場合に、看護師長という立場の人間は問題を公平に受け止め、適切な妥協点を見つけることができなくてはなりません。いわば裁判所の判事のように、公平な目で裁くことができる人が求められます。

 

一方の意見だけではなく、双方の言い分をしっかり聞き、うまく折り合いをつけて調整をする、このような仕事も看護師長の役割となっています。

 

看護師長という管理職の求人で、一番のメリットとなるのはやはり収入面といえるでしょう。一般の看護師と比較すると、更に責任ある立場をまかされる事になる管理職は、給与が上乗せされているからです。

 

経験を積んだ看護師は、管理職の仕事を探してみたいと思う人もいるでしょうが、実は管理職の求人はほとんどないのが現実です。というのも、想像してみるとわかりやすいかと思いますが、突然来た看護師長に、いきなりデリケートな人間関係の悩みを打ち明けることができないのが普通ですよね。

 

看護師長という管理職に適切なのは、やはり長い間同じところで一緒に働いているベテラン看護師ということになるからなのです。しかし、まれに欠員が出てどうしても看護師長のポストが必要になった、というようなケースも存在します。管理職での求人を探すのであれば、転職サイトに掲載されている非公開求人も含め、探してみるのも一つの手段です。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ