看護師から助産師として転職する

現在では男性の看護師も増えてきつつありますが、助産師に関しては女性特定の職業とされています。

 

アメリカでは助産師が妊婦の母体をエコー検査したり、胎児の様子を確認したりする行為も認められていますが、日本では分娩時にその介助と臍帯を切断するという助産行為が許されているという範囲に留まります。

 

範囲が定められている中での仕事となりますから、アメリカのように助産師が医師のように訴訟に巻き込まれてしまうというケースはほとんどありません。分娩でも正常分娩ができないと判断した場合には、助産所から産婦人科へ連絡をすることとなります。

 

助産師の主な役割は、出産の節目に適切なアドバイスをし、妊娠した女性が不安なく出産に望めるように環境を整える事、また分娩時には責任持って分娩のサポートをし、新生児のケアや乳児の世話をすることが仕事となります。

 

また、母子ともどもに異常がないかを判断することも、助産師の重要な仕事の一つです。助産師は、病院などの医療機関に属して勤務することも可能ですし、助産院を自分で開業することもできます。

 

看護師と同様に、助産師の資格も看護大学の課程を経て、受験資格が与えられ、試験に合格すれば助産師としての資格が与えられます。最近の看護大学では、助産師専門のコースや実習も含めた講義も設置されているため、助産師専門学校は減少しているようです。

 

助産師は、全国でも2万人以上いるといわれていますが、実際に開業しているのはそのうちの10%程度と言われています。

 

それ以外の助産師はどこで働いているのかというと、やはり病院や診療所などの医療機関が多く、産婦人科に属する助産師が一般的のようです。確かに自宅で出産をするという人が減少している現代では、助産院を開業するよりも病院で助産師を求める需要の方が大きいという傾向もあるでしょう。

 

日本では産科に関する医療行為の補助は、昔より助産師がその役目を担ってきました。

 

ですので、細かく分けると婦人科とは区別されるものでしたが、現在では産科と婦人科が融合し、産婦人科として多くの病院で設置されているのが一般的です。産科、婦人科、双方の学術的な違いはあるものの、実務をする上では助産師=産婦人科勤務という流れになります。

 

助産師は、母親になる女性を精神面で支えるのも重要な仕事の一つとなります。やはり男性よりも女性、女性だからこそ話せる悩みなどもあることから男性の助産師よりも女性の助産師が求められることになるわけです。

 

男女雇用均等法が制定されているので、男女の職業差別では?と思う人もいるかもしれませんが、女性ならではのデリケートな悩みやケアについては、女性の助産師に相談できる方が安心です。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ