神経科の看護師の役割とは?

神経科の看護師として仕事を探す場合、まずは神経科の仕事について理解する必要があります。数多くある求人の中でも、本当に自分に適している求人が神経科の仕事なのかを確認するためにも、神経科の看護師が担う役割について、細かくみていきましょう。

 

まず、よく見間違えてしまう事もあるかもしれませんが、神経科と精神科は似て非なるものです。

 

精神科はストレスから起きる精神的な心の病を治療することを目的としており、神経科は脳神経に起きていている異常を治療することを目的としています。神経科では、痙攣がする、震えが止まらない、といった身体の変調が現れたために、神経機能に支障をきたしているのではないかという人が来院するところとなります。

 

その原因が精神的なものから来ている事もよくありますが、神経の異常を診るのは神経科となります。

 

神経科の看護師として担当する仕事は、来院した患者さんに問診を行い記入する事や、体温や血圧、脈拍を測るバイタルチェックとその記録などです。このような仕事は一般的な病院で勤務している看護師と同じで、基本的な業務に違いはありません。

 

神経科では、通常患者さんが心身ともにリラックスできるような空間を提供できるよう、様々な工夫をしています。

 

多くの神経科の病棟には、レクリエーションルームが設けられていたり、いつでも散歩を自由にできるよう、開放感のある中庭が造られていたりするのです。

 

神経科に来院する患者さんというのは理由もいろいろありますが、例えば精神的な悩みや過度のストレスが原因で、うまく手が使えなくなってしまった、神経伝達ができなくなってしまった、というような人も大勢います。子育てにノイローゼ気味になってしまい、神経系がうまく働かなくなってしまったという患者さんもいます。

 

様々な患者さんに対して、耳を傾け話をよく聞いてあげるのも神経科の看護師の仕事です。看護師が話を聞き、受け入れることが、患者さんの気持ちを軽くしてあげることに繋がるのです。この部分については、精神科の看護師と仕事が似ているところもあるかもしれません。

 

さて、このような神経科の看護師として働きたい、仕事をしたいと考える人はまず求人を探すところから始める事になりますが、求人数も数多く見つかるはずです。

 

但し、求人の多さからどの職場が自分に適しているのか、判断できないこともあるでしょう。

 

神経科の職場で働いている人の話を直接聞く事ができれば、一番良いのかもしれませんが、都合よく知人がいたりツテがある人はごくわずかです。

 

そこでおススメしたいのが、看護師の転職サイトを利用する事です。

 

登録すると看護師の転職を専門とするコンサルタントが、あらゆるフォローをしてくれます。神経科の求人の中でも、希望に沿った条件で適している職場を見つけ出してくれるでしょう。

 

また、コンサルタントが直接現場の生の声を聞いて、教えてくれることもありますので、非常に有益な情報が集められるはずです。転職サイトを活用し、自分の思い描く求人にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ

神経科の求人を探す前に知っておきたい看護師の役割/看護師転職ハローワークと転職サイトの利用法関連ページ

皮膚科
産婦人科
泌尿器科
美容外科
内科
精神科
整形外科
小児科
呼吸器科
急性期病棟
夜勤専従
看護師長
介護施設
病院・診療所
訪問介護
特定看護師
派遣看護師
助産師
養護教諭
海外で看護活動
企業看護師