小児科の業務で大切なこととは?

看護師の求人の中でも、小児科へ転職、転科したいと検討している人もいることでしょう。小児科で働くためには、まず仕事内容の把握が大切です。

 

単純に子供が好きだから、子供の方が大人よりも扱いやすいからというような安易な理由で選択すると、後々大変なことになりますので十分に注意しましょう。小児科の仕事内容について理解しておくことで、自分が小児科に向いているのか、向いていないのかを判断する事ができます。

 

まず小児科の対象は子供、生後からだいたい中学校を卒業する時点くらいまでが対象となります。

 

小児科で受け持つのは、子供が怪我した時に負った外傷以外は全て受け持ち範囲にあると言えます。外傷は外科で診療することになりますので、小児科で診療するのは突然の発疹や、風疹、またインフルエンザなどがあります。

 

ちなみに小児科では、子供の親も対象となる場合があります。

 

例えば育児に関してですが、育児は親でもストレスがたまりそれが原因で病んでしまうこともあります。その際、看護師が話を聞く事や、ストレスを軽減できる生活を送る上でのアドバイスをすることもあります。小児科といっても子供だけに限らず、ケースによっては大人も対象になるという事も踏まえておきましょう。

 

また、小児科では連携とコミュニケーションが非常に重要になることがあります。

 

小児が重病にかかっている場合など、その両親との連携は欠かせません。小児麻痺といった重病の場合、子供だけでなく、その親も含めて心のケアを意識しながら看護していく事が、看護師に求められるわけです。

 

親の立場で考えれば、自分たちの子供が病気で苦しんでいるのを目の当たりにしているのですから、そのような心情を汲んであげられる気遣いが求められます。親である大人の精神面でのケアは、看護師に課せられた重要な役割の一つです。

 

実際に、母親の精神状態が子供に密接に関係する、影響を与える度合いが大きいということはある研究筋でも証明されていることですので、小児科は家族一丸となってケアを行う方針が取られている事がほとんどです。

 

それでは、小児科の仕事の内容について理解を深めた上で、求人を探す場合はどのようなポイントを見極めて行えばよいのでしょうか。

 

少しでも条件の良い、自分にマッチした求人を選びたいところですが、なかなか求人誌などに掲載されているもので、見合った案件が見つからないこともあります。好条件で人気の求人などは、看護師の応募が殺到することを避けるために、非公開求人としている場合が多いのです。

 

ですから、小児科などの人気のある診療科へ転職したいと検討するならば、好条件の求人もある非公開求人を掲載している転職サイトの利用が一番おススメです。一般公開されていない求人情報の中には、小児科の求人の中でも、より好条件が期待できる案件も含まれている可能性が大きいですから、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

小児科で働く看護師には患者である子供とのコミュニケーション能力が必要

子供が好きな看護師であれば、小児科で働きたいと思うことがあるかもしれませんね。今回は小児科で働く看護師の業務の内容やメリットやデメリットなどについて、詳しく確認してみたいと思います。

 

小児科で働く看護師の業務内容は?

 

一般的な業務の内容については小児科も他の診療科も同様なのですが、小児科で働く看護師はさらに特別な役割を果たすことが必要になります。具体的には以下のような、小児科に特有の様々な配慮や技術や知識などが必要とされるのです。

 

小児患者に対する看護ケアを行います!

 

小児科の看護師は小児患者に対して、通常の看護ケアを行います。小児科の患者は0歳から15歳ぐらいまでの子供ですから、治療に対する不安を取り除くための気配りや年齢に応じた適切な説明などが必要になりますし、また嫌な治療を乗り越えられるような工夫など、大人への看護とは異なる配慮が求められます。

 

医師の診察の補助を行います!

 

一般的な診療科の看護師と同様に、小児科の看護師も医師の診察の補助を行います。ただし小児科の場合には患者である子供が治療を嫌がったり、あるいは医療スタッフを怖がって暴れたりすることがあるため、場合によっては無理やり押さえつけて治療を受けさせることが必要になります。可哀想だと思うかもしれませんが、心を鬼にして治療を受けさせるのも患者のためだといえるでしょう。

 

保護者のメンタルケアを行います!

 

大切なお子さんが病気になったりケガをしたりすると、保護者も不安定な気持ちになってしまうことが多いようです。精神的に不安定になった保護者のメンタルケアを行うことも、小児科看護師の重要な仕事になります。医師の説明を補足することや、処置や検査や治療の経過などを説明することなどにより、保護者との間における信頼関係を構築することが重要になります。

 

小児科で働くことのメリットやデメリットは?

 

小児科看護師として働くことには、具体的にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

小児科で働くことのメリットは?

 

多くの子供と接することができます!

 

小児科の看護師は多くの子供と接することができますので、子供が好きな人にとっては最適な職場だといえるでしょう。ただし患者が子供であることについては、様々なデメリットなどもあります。

 

子供との接し方を学ぶことができます!

 

子供の患者は自分の考えや体調不良などを上手に伝えることができないため、小児科で働く看護師にはコミュニケーション力や観察力が必要とされます。子供との接し方を学ぶことができますので、看護師としての業務だけでなく日常生活などでも役に立つでしょう。

 

みるみる元気になる様子を目にすることができます!

 

子供は回復力が高いため、みるみる元気になる様子を目にすることができます。自分が担当する患者の回復を目にすることで、仕事にやりがいを感じる看護師が多いようです。

 

看護師としての高度な技術を身につけることができます!

 

小児科における看護は一般的な診療科よりも難易度が高いため、看護師としての高度な技術を身につけることができます。例えば血管を見つけることが難しい小児の血管確保ができるようになれば、成人の血管確保にも技術を応用することができるでしょう。

 

小児科で働くことのデメリットは?

 

子供の死と関わることが必要になります!

 

これはどの診療科でも共通なのですが、特に小児科の場合には小さな子供の死と関わることが必要になりますので、精神的な負担が大きいといえるかもしれません。子供は好きだけど子供の死には関わりたくないからと、あえて小児科以外の診療科を選ぶ看護師などもいるようです。

 

高度な看護技術が必要とされます!

 

小児科では体が未発達な子供が患者となりますので、一般的な診療科よりも高度な看護技術が必要になります。成人に対する看護の知識や経験が豊富であっても、小児科への転職では改めて新しい知識を学び直すことが必要になるかもしれません。

 

患者とのコミュニケーションが難しくなります!

 

小児科の患者は0歳から15歳までの子供になりますので、患者とのコミュニケーションが難しくなります。疾患やストレスを抱えた患者との年齢に応じたコミュニケーション技術が必要になりますし、さらに保護者とのコミュニケーションにより信頼関係を構築することが必要になります。

 

子供が好きな人は小児科看護師として働くことを検討しましょう!

 

小児科看護師は子供と接する仕事になりますので、子供が好きな人にとって小児科は最適な職場だといえるでしょう。ただし小児科の看護師は子供の死と関わることが必要になりますので、ただ子供が好きだというだけでは実際に働くことは難しいかもしれません。自分が小児科看護師としてやっていけるかどうかをじっくりと考えて、小児科への転職を慎重に検討してみてください。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ