精神科の看護師の仕事は他とどう違う?

精神科の求人には、看護師の需要はあるのでしょうか。もちろん看護師が不足している現在、看護師を求めている精神科はたくさんあります。

 

数多くの求人がありますが、その中でもできるなら希望に沿った求人を探したいと考えますよね。では、精神科を希望している看護師の転職で、どのような点が大切になるのかを改めて考えていきましょう。

 

精神科の主な特徴としては、接する患者さんが比較的長期に渡るという点です。

 

通常、一般病棟で働く看護師の仕事と言えば、採血やバイタルチェック、記録などが主な仕事となりますが、精神科では積極的に話を聞き、話しかけるという行為が重要となる看護師の仕事となります。

 

精神科に入院される患者さんの中には、身体的には全く問題なく健康な人もいるので、バイタルチェックなどは実はそこまで重要視されていないのが実情です。患者さんが、社会生活に復帰できるようにサポートするのが、精神科の看護師が担う役割となります。

 

また、看護師の仕事として、社会生活が一人では難しい患者さんに代わり、買い物やお金の管理などを受け持つ事もあります。

 

現在、精神科にかかる患者数は300万人以上と言われています。要介護状態の人が300万人、年間の事故や病気などで死亡する人の数が100万人という統計データがありますが、精神科にかかる患者さんの数はこれらの数字と比較しても引けをとらないほど多いということがわかるでしょう。

 

不況が続く厳しい社会背景の影響からも、尚まだ精神科の患者は増え続けていくことが予想され、精神科にも看護師はまだまだ必要になるでしょう。精神科にかかる患者さんというのは、一度退院をしても再度また戻ってきてしまうというケースも多くあります。

 

こういった状況にも臆せずに対応できる看護師が求められているのです。

 

さて、精神科の求人を見つけて応募する場合は、どうすれば良いのでしょうか。第一に、上記のような精神科における看護師の仕事を深く理解する事が重要です。

 

そして、どうして精神科を選ぶのか、志望した理由をはっきりと整理しておきましょう。面談の場などで、自分が考えている事をわかりやすく伝えるようにする必要があります。

 

求人を探すところから、転職サイトを利用してみるのも一つの手段となります。

 

専任コンサルタントが希望の求人を探し、成功する転職へ向けて力強いサポートをしてくれますので、一度相談してみるのもよい方法です。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ