看護師の資格を活かして養護教諭にチャレンジ!

両親が共働き、事情により乳児や幼児の面倒を見ることができない場合に子供たちを預かってくれるのが保育所です。保育所や保育園と呼ばれている所は、一定の時間の間、乳幼児の保育を担当する場所の事を指します。

 

幼稚園と定義が異なる部分は、保育所は0歳児も預かっているという点でしょう。そのため、幼稚園に配属されている養護教諭は、保育園に配属されている看護師や助産師と違い、0歳児対象としていません。

 

ちなみに、子供たちを保育する保育士になるには国家資格が必要になります。また、幼稚園で配置されている養護教諭として働くにも、一般の教員免許と同等の国家資格が必要となります。

 

また養護教諭の場合、転勤があることもあります。このような事を踏まえると、幼稚園での養護教諭として働くよりも、保育所で養護教諭担当を担う看護師、もしくは助産師という形態で転職するのが良いと言えるでしょう。

 

現在の保育園は、人手が圧倒的に足りないと言われています。

 

ですから転職するにあたっては保育園の方が、より配置されるポストがあるのかもしれません。小児科や産婦人科で働いていた看護師の場合であれば、0歳児以下の対応やケアの市仕方など全般的に慣れているはずですから、変化に対して敏感に動けることでしょう。

 

但し、注意しておきたいのが行える処置は、あくまでも応急的な処置だけです。症状によっては病院に連れて行くことになりますし、場合に応じた二次的対応が求められます。保育園が提携している病院の、担当医師とも密にコミュニケーションをとりながら連携する必要もあります。

 

このようなポイントは、病院でも他の施設で働く場合でも同様と言えますね。

 

小学校や中学校では、保健室が設置されているのが一般的です。そこに在籍する保健室の先生が、養護教諭として勤務している体系となります。養護教諭の仕事は、生徒の怪我や病気などの応急処置を行うことです。

 

また、心の悩みを抱える生徒の相談に乗るといった精神的な面でのケアも仕事の一つになるでしょう。養護教諭は女性がほとんどですが、男性の養護教諭ももちろん存在しています。

 

養護教諭は正規の教員免許が必要となりますので、教員免許状の取得が必須です。

 

但し、「養護助教諭」という免許を既に取得している、または保健師の資格を持っている場合は、文部科学省が指定した単位を追加取得することで、その職に就くことが可能になっています。教育委員会に申請を行うと、養護教諭二種免許状が交付されますので、養護教諭を目指して転職を検討するのであれば必ず確認しておきましょう。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ