看護師の転職〜訪問看護として働く

最近では高齢化が進み、自宅で療養しながら生活を送っている人もたくさんいます。このような在宅で療養されている人に対して、その人のところへ出向き、生活の補助やケアを行うのが訪問看護です。

 

訪問看護は、医師の指示通りに処置する看護の他にも、介護の相談や認知症のケアについてアドバイスを行うといったこともあります。

 

寝たきりの人が起こしてしまいやすい床ずれを予防したり、お風呂の代わりに体を清拭することや、排泄に対しての指導や食生活に関することまで幅広く相談にのることもあります。

 

医師の指示があれば点滴を処置することも可能ですし、看護師以外でも保健師や助産師、リハビリなどで必要になる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士とも連携しながら在宅でも看護できる環境にし、ケアをしていくのです。

 

訪問看護では、呼び方も患者さんとは呼ばずに、「ご利用者」と呼ぶほうが多いうようです。

 

訪問看護で働く一日の流れとしては、まず訪問看護ステーションに出勤し、前日の報告などを受ける朝礼から始まります。その後、訪問先へ出向く準備をし、身だしなみを整えて感染予防を心得た上で、看護に必要な物を一式揃えて出発します。

 

ご利用者である各家庭に訪問し、必要とされている看護ケアや介護を行い、訪問が終わると、訪問看護ステーションに戻りカンファレンスで担当した利用者に関する報告や連絡をします。カンファレンスの場では、それぞれの報告や意見を聞くことができますから、仕事に慣れていくと知恵や経験、対処法などの応用も増えていきます。

 

具体的に訪問看護の仕事についてはどうなっているのでしょうか。

 

仕事の内容は幅広く、利用者の血圧や体温、脈拍の測定を行い、健康状態や病状について本人に報告します。利用者本人に報告しても、なかなか理解できない、難しいというような場合には、利用者の家族に報告を行いながら記録をつけます。

 

認知症の利用者の場合は、様子を見ながら家族から困っている事などをヒアリングし、相談を受けたり快適に過ごすためのサポートを行います。他にも、たとえば透析を受けていて自分で輸液を交換できないような利用者がいた場合は、感染による炎症などには十分注意をしながら透析の手伝いをするということもあります。

 

訪問看護では1日に複数の利用者宅を訪問するので、何よりも感染には注意する必要があります。

 

在宅の場合、病院のような医療機関と違い、医師がその場にいるわけではないので、必要な処置やケアは速やかに行うことが求められます。また、疾病のある小さな子どもが利用者となることもあります。子供の場合は病気や症状について理解することが難しいため、両親に理解を求めるよう説明し、両親から心のケアをしてもらうようアドバイスを行うこともあります。

 

訪問看護ステーションでの働き方には、正社員からパート、新卒でも採用枠があるため興味がある人は、説明会から参加してみてはいかがでしょうか。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ

訪問看護ステーションに所属し、訪問看護に携わる/看護師転職ハローワークと転職サイトの利用法関連ページ

皮膚科
産婦人科
泌尿器科
美容外科
内科
精神科
整形外科
小児科
神経科
呼吸器科
急性期病棟
夜勤専従
看護師長
介護施設
病院・診療所
特定看護師
派遣看護師
助産師
養護教諭
海外で看護活動
企業看護師