子持ちの女性が看護師として復職するのはハードルが高い?

女性は出産して子育てをするだけでも大変ですが、その後看護師として復職している女性も少なくありません。また、育児休暇を取得した後に職場に戻ろうと考えている女性や、2人、3人と子供を持っていても看護師として頑張っている女性はたくさんいます。

 

しかし、看護師として働いている間に母親の役目を代行してくれる人がいるわけでもありませんから、実質的に子育てや家事と看護師の仕事をうまく両立させているはずです。そのような看護師の女性は、毎日が多忙であることに間違いはありませんね。

 

とはいえ、母親にとって子供が一番大切で、最優先にしたいと思う気持ちが強いはずです。

 

ですから、母親であるという状況をしっかり理解してくれる職場環境でないと、仕事との両立はもちろん難しくなりますし、子供を中心に考えることもできません。子育てについて十分な理解が得られなければ、雇用条件や待遇がどれほど良かったとしても転職を検討してみたほうが良い場合もあります。

 

子供を持つ母親として転職をしたい看護師

一人の母親として育児を優先させたい、という基本的な部分の理解が得られない職場のために転職をするという理由が、母親である看護師に一番多いケースでもあります。

 

ですから、求める条件は「育児に理解のある職場」という点です。子供がまだ赤ちゃんや乳児といった小さい時期ならば、託児施設が併設されているかという点も重要になるでしょう。

 

託児施設が併設されていなくても、近くにある職場なら安心です。二人、三人目をと望んでいる女性もいるはずですから、その場合は産休制度や育児休暇などの福利厚生についても細かくチェックしておくべきです。そして職場の体制や育児に十分な理解を示しているのかも、じっくりと観察して検討してみましょう。

 

転職を考えたらまず活用したいのが、看護師求人サイトでしょう。特に日々子育てに追われ、仕事をこなして時間のない人にとっては大きな味方となるはずです。看護師求人サイトは、登録することで同じような状況、立場のママさん看護師も話や体験談、アドバイスなども聞く事ができるので有益な情報は共有しておくとよいでしょう。

 

育児休暇、ブランク後に復職するママ看護師

子供がある程度成長し手がかからなくなったので、看護師として復職したいと考える女性もたくさんいます。

 

ただ、ブランクの期間が長いと、以前と同じように働けるかどうか不安になる人も多いはずです。子供がいるので夜勤はできる限り避けたいのが本音ですし、学校行事で休みを取得したり、子供の体調次第では早退したりなど、そのような条件を飲んでくれる職場が好ましい、と思うのは当然です。

 

母親として子育てに関して無責任にはなりたくない、というのが第一ですから仕事の勤務条件に無理があると、仕事復帰が余計なストレスになってしまいます。無理して復帰しても、結局そのストレスを家庭に持ち込んでしまい、悪影響なんてことにもなり兼ねません。

 

まずは、短時間といったパートタイム的な時間帯で復帰し、少しずつ仕事の感覚を取り戻していくことが大切です。看護師という職業はいつの時でも、必要とされる仕事ですから、最終的にバリバリ働いていた頃のように復帰を果たしたいと考えるのであれば、時間をかけて戻ればいいのです。

 

求人を探す際には、育児後、ブランクがあっても復帰できるかどうか、そのような理解のある職場かどうかも一つのポイントとして探すようにしてみましょう。看護師求人サイトにしっかり目を通して、無理のない範囲で勤務が可能な職場を見つけ、自分に合う復職をしましょう。

ナース求人サイトランキング

ナース人材バンク


求人数 支援金 サポート地域
60,000件以上 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 株式会社SMS 5つ星

ナース求人サイトランキング


看護のお仕事


求人数 支援金 サポート地域
11,000件以上 5万円 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 レバレジーズ(株) 5つ星

公式サイトへ



求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)リクルートドクターズキャリア 5つ星

公式サイトへ


マイナビ看護師


求人数 支援金 サポート地域
非公開 なし 全国
登録・利用料 運営会社 口コミ評価
無料 (株)マイナビ 5つ星

公式サイトへ

母親である看護師が転職する現状とは/看護師転職ハローワークと転職サイトの利用法関連ページ

給与待遇
人間関係
勤務時間
仕事内容
日曜祝日の休み
1年間の休日
日勤業務
定時勤務
既婚ナースの転職
ナースセンターの役割